ご挨拶

当社は、台湾ウィストロン・グループのITサービスプロバイダーとして1992年6月に設立されました。
本社は台湾にあり、日本及び中国国内6箇所に現地法人及び支社があります。

ウィツ(日本)は、2011年10月にアドクリエイション株式会社から事業譲渡を受け新生ウィツ(日本)として再スタートいたしました。その結果日本人のSEが全体の7割を占めるようになり、お客様に更にきめ細かいご支援が可能な体制が整いました。

ウィツ(日本)は中国オフショアを活用したシステム開発、BPO、AMOに強みを持っておりますが、今後はITコンサルテイングサービスやクラウドコンピューティングの分野にも注力してまいります
特にオフショアを活用したプロジェクトの推進に当り、優秀なブリッジSEの育成と活用によりプロジェクトの品質管理と納期の遅延防止に徹底して取り組んでおります。

最後に、多くのお客様の様々なプロジェクトを通じて得た経験とノウハウを蓄積し、更に付加価値の高いソリューションを開発・提供することにより、お客様の事業の発展と経営目標の達成に微力ながら貢献してまいります。

今後とも末長くご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長