代表取締役ご挨拶

WistronITS(ウィツ)は、台湾ウィストロン・グループのITサービスプロバイダーとして1992年6月に設立されました。
本社は台湾(台北市)にあり、日本及び中国にそれぞれ現地法人があります。
事業所又は開発センターとして日本国内には二ヶ所(東京、大阪)、中国国内には六ヶ所(北京、大連、上海,武漢他)あります。
日本ウィツは2003年に設立されました。
当初は中国人技術者が過半を占めておりましたが現在では技術者の大半は日本人によって構成されており、それぞれの国の技術者の強みや特長を活かして融合し業務の遂行に当たっております。
現在ではお客様のシステム開発及び運用においてきめ細かいご支援体制が整った結果、革新的で付加価値の高いサービスの提供が可能になりました。
当社は特に公共、金融、流通事業分野に多くの知見を有しており、システム基盤では汎用からオープン系まで多くの実績を持っています。
また当社の強みの一つとして、お客様が台湾、中国への事業展開を計画されている際は、ウィツ全社のネットワークを活用し、現地でのシステム開発、運用、必要なソリューションの紹介・導入、更には現地での事業戦略の立案・遂行のお手伝までも可能となっています。当社は今後もお客様のグローバル展開におけるベストパートナーとして尽力してまいります。

更に、当社は台湾、中国のウィツグループの技術者を活用したオフショアでのシステム開発、BPO,AMOにも強みを持っております。
特にオフショアを活用したプロジェクトの推進に当たり、優秀なブリツジSEの育成と活用によりプロジェクトの品質管理と納期の遅延防止に徹底して取り組んでおります。
今後はグローバルITコンサルティングサービスやクラウドコンピューティングの分野に一層注力してまいります。

最後に今まで多くのお客様の様々なプロジェクトを通じて得た経験とノウハウを蓄積し、更に付加価値の高いソリューションを開発・提供することにより、お客様の事業の発展と経営目標の達成に微力ながら貢献してまいります。



今後とも末永くご愛顧のほど宜しく御願い申し上げます。

代表取締役社長